スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】夏の新作レビュー

夏の新作アニメレビューです。

幕末Rock

イケメン音楽アニメ。
簡単に言えば、『うたプリ』の幕末(新撰組)バージョン。
かなり無理のある設定を、おバカ演出で振り切ってるのが楽しい。

Free! Eternal Summer

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
相変わらず、魅力的なキャラクター達に一安心。
新キャラも因縁のある設定で、やはり物語よりも人間関係を描きたいアニメなんだな~と。

グラスリップ

青春群像アニメ。
P.A.WORKS制作らしい、見た目的にも綺麗な作品。
理解し難い部分もあるが、今後の展開に期待したいところ。

白銀の意思 アルジェヴォルン

ロボットアニメ。
一個分隊を描いていたり、大きすぎないロボットのスケール感は面白い。
ただ、主人公機のデザインやアプローチの仕方は、ちょっとロボットアニメの典型過ぎるかなと。

東京喰種トーキョーグール

サバイバル・バトルアニメ。
カニバリズムなゴア描写も含む、ハードな物語が魅力的。
東京と題するだけあって、背景描写も非常にリアリティがあって引き込まれる。

RAIL WARS!

鉄道警備アニメ。
設定的には『図書館戦争』の鉄道版といったところ。
初回を見る限り、そこまで警備を厳重にする必要性が分からないのだが…。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

地方アイドルアニメ。
ロコドルをテーマにしているせいか、アイドルアニメにしては緩く、悲壮感はあまり感じられない。
萌え系4コマ漫画が原作らしいので、この手の作品が好きな方なら。

ソードアート・オンラインII

第1期の終了から約2年ぶりの第2期。
別主人公を立てるのかと思いきや、前作からの続投だった事に驚いた。
銃火器が出てくるFPSっぽい世界観は新鮮で楽しみ。

アルドノア・ゼロ

SFロボットアニメ。
現実と虚構のバランスが取れた、リアリティのある世界観が魅力的。
謎の多い物語や設定に期待は膨らむ。

少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 49-

男性アイドルアニメ。
劇画タッチのキャラデザに加え、物語も現実的で、アイドルアニメにしては硬派な作品。
良くも悪くも地味な作りで、そこは好みが分かれるかもしれない。

戦国BASARA Judge End

第2期の終了から約4年ぶりの第3期。
制作会社が変わった影響で、作画のクオリティは多少落ちたか。
とはいえ、許容範囲内で、作品を楽しむに当たっての支障は感じられない。

ばらかもん

スローライフアニメ。
書道家という主人公の設定は珍しいが、メインの見所となるのは田舎での生活描写。
これに書道の要素がどう絡んでいくのか、注目したいところ。

人生相談テレビアニメーション「人生」

密室コメディアニメ。
『生徒会の一存』をよりポップにした感じの作品。
部室を出ると、他の萌え系ギャグアニメと変わらなくなるので、出来るだけ部室内で進行させて欲しい。

さばげぶっ!

サバゲー・ギャグアニメ。
まったく同ジャンルの『ステラ女学院高等科C3部』と比べると、こちらの方がギャグ成分強めな印象。
いかにも男性向けの内容ながら、「なかよし」で連載されている事に驚く。

スペース☆ダンディ シーズン2

第1期の終了から約3ヶ月ぶりの第2期。
初っ端から怒られるポンコツ3人組を見て、「ダンディが帰ってきた」と実感。
中だるみする中盤に、投げっぱなしな終え方と、良くも悪くもダンディらしさは健在。

アカメが斬る!

ダークバトルアニメ。
最近のアニメにしては珍しく、残虐描写を描ききっているのは好印象。
初回からしてハードな物語だったが、今後もこのテンションが続くことを期待したい。

月刊少女野崎くん

少女漫画家ラブコメ。
ベーシックなラブコメ要素に加え、少女漫画の世界を批評的に捉えたギャグ描写が面白かった。
ギャグセン自体も高いので、少女漫画が苦手な層でも楽しめるのでは。

DRAMAtical Murder

バーチャルバトルアニメ。
作画のレベルがやや低く、本作のサイバーパンクな世界観を描くには物足りない印象。
結果、独特の設定やファッションが浮いてしまい、全体的に安っぽく見えてしまった。

アオハライド

学園恋愛アニメ。
少年漫画っぽいタイトルと思いきや、実際はゴリゴリの純愛少女漫画。
特に変わった要素もなく、王道な恋愛モノといった印象だが、人気作らしいのでここからの展開に期待。

ハナヤマタ

萌え日常アニメ。
金髪少女が出てくるので、『きんいろモザイク』っぽいなと思ったら、両者共まんがタイムきらら原作との事。
「よさこい」というフックはあるが、基本的には可愛らしい女の子のコミュニティを愛でるタイプの作品になるかと。

Re:␣ハマトラ(リプライハマトラ)

第1期の終了から約3ヶ月ぶりの第2期。
世相を意識した物語や、最後に全ての伏線が1つになる展開は、相変わらずハマトラらしい。
あと、場面転換時のエフェクトが、某ゲームっぽくてカッコ良かった。

モモキュンソード

美少女バトルアニメ。
簡単に言えば、桃太郎を萌え化した作品。
どうせなら、お供の動物も萌え化してしまっても良かったのでは。

まじもじるるも

魔女っ子ラブコメ。
設定は分かりやすく、下ネタもマイルドで、全年齢対応型のアニメ。
J.C.STAFF制作の作画も安定感を感じさせる。

LOVE STAGE!!

女装BLアニメ。
女装男子のBLモノという事で、純粋なBLでない事に若干戸惑いを感じた。
この女装設定をどこまで引っ張るのかも含めて、今後の展開に期待。

残響のテロル

クライムアニメ。
若者達によるテロリズムを描いた、シリアスな作品。
ビジュアルは頑張ってる、あとは中身がどこまで追いつくか。

六畳間の侵略者!?

密室ドタバタコメディアニメ。
六畳間を舞台に大量のヒロインキャラが集まるという設定は面白い。
大沼心監督作品らしく、悪くないラブコメといった印象。

東京ESP

異能力バトルアニメ。
キャラデザや世界観が『喰霊』っぽいなと思ったら、同原作者の作品との事。
物語や設定はありがちな分、どこを差別化していくのか注目。

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

異世界バトルアニメ。
番外編でもやるのかと思いきや、『4』のエピソードを最初からなぞる内容で驚いた。
第2期でもなく、リメイクでもなく、強いて言えば、新要素を加えたリミックス版といったところか。

信長協奏曲

戦国時代タイムスリップアニメ。
キャラクターの表情がほとんど変わらないというCGクオリティに閉口。
タイムスリップという設定がまったく活かされない物語も疑問が残る部分。

黒執事 Book of Circus

第2期の終了から約4年ぶりの第3期。
久しぶりのアニメ化も、自己紹介的な第1話で黒執事の世界を復習出来た。
フェティシズムなまでの様式美に拘る日常が、我々を非日常の世界へ誘う。

精霊使いの剣舞

美少女ファンタジーアニメ。
所謂、ハーレムバトル系の作品。
かなり類型的な作品で、この手のジャンルが好きな方なら。





今期は計31本の新作アニメを視聴しました。(再放送系番組は除く)
ちなみに、去年の夏アニメが計27本だったので、若干増えた本数と言えるでしょう。

今期のアニメの特徴としては、女性向けの作品が多いな~と感じました。
ロボット系を抜くと、ほとんどが女性向けか男女両者向けの作品で、男しか見ない様な萌えアニメ…特にセクハラエロアニメみたいなジャンルは、ほとんど壊滅状態です。

アニメファン層の割合いがそれだけ女性に傾いてきているって事なのかもしれませんね。
私自身も、萌え系作品よりも女性向けの作品の方が好きでして、萌えアニメはどんどんルーティン化していってる気がするんですよ。
キャラクターと設定を変えただけで、似た様な作品が何本も出てくる現状は何とかしてもらいたいものです。



さてさて、それでは最後に視聴スケジュールの発表です。

月・「アオハライド」「Re:␣ハマトラ(リプライハマトラ)」
火・「HUNTER×HUNTER」
水・「幕末Rock」「Free! Eternal Summer」「まじもじるるも」「LOVE STAGE!!」「咲-Saki-(再)」
木・「NARUTO-ナルト-疾風伝」「グラスリップ」「東京喰種トーキョーグール」「残響のテロル
」「PSYCHO-PASS サイコパス(新編集版)」
金・「ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース」「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」「黒執事 Book of Circus」
土・「団地ともお」「FAIRY TAIL」「金田一少年の事件簿R」「ソードアート・オンラインII」「アルドノア・ゼロ」「魔法科高校の劣等生」「戦国BASARA Judge End」「ばらかもん」
日・「ダイヤのA」「ハイキュー!!」「スペース☆ダンディ シーズン2」「「アカメが斬る!」「月刊少女野崎くん」

計29本!
春時期と比べると、+2本となりました。(もう1週様子を見たいので、まだ仮状態です。)

火曜が寂しくなってしまいましたが、金曜と土曜がヤバイっすね。
この辺はアニメだけでなく、バラエティやドラマも充実してるので、レコーダーがヒィヒィ言ってますよ。(笑)

それでは、皆さんもより良いアニメライフをお過ごし下さい。

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。