スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】ガッチャマン クラウズ 最終回

ガッチャマン クラウズの最終回まとめ感想です。

◇総評
私は元祖ガッチャマンを知らない世代なのですが、本作はオリジナリティーが強く、まったく新しいヒーローアニメとして楽しむ事が出来ました。
正直、“ガッチャマン”と銘打たなくても通用する様な作品でしたね。


本作のポイントとして、まずは世界観を挙げたいと思います。

現在のSNSを更に一歩進化させた「GALAX」には、なかなか興味深いものがありました。
即時性やマッチング性を強化し、社会がより効率良く自発的に助け合える世界には、ワクワクさせられましたよ。

ただ、これだけ便利になると逆に怖く思える部分もあって、本作ではちゃんと悪用される様子も描いてあるのが良かったです。
いくら技術が進化しようが、結局使うのは人間なわけですから、そういう戒めは必要でしょう。


あとは、キャラクターも印象的な要素の1つ。

主人公のはじめは、一見すると不思議ちゃんなんですが、実は物事の本質を捉えられる人間で、そのギャップが面白かったです。
物事を多角的な視点から考えられるし、ネットを活用しつつも依存しないバランス感覚など、「アップデートされた人類」とは彼女の様な人間を指すのかもしれません。(最終的にはカッツェまで取り込んでいましたし)

そして、敵役であるベルク・カッツェも、強烈なキャラクターでしたね。
悪事を働くのではなく、唆すという、『ダークナイト』のジョーカーの様な役回りなんですが、キャラクター付けの仕方がすごく日本的だなと。
「オワタ!オワタ!」という様なネットスラングだったり、必殺の決め台詞をオウム返しするメタ的な挑発だったり、日本でなければ生まれてこないキャラクターだったと思います。
全く他者と同調しない宮野さんの演技も素晴らしかったし、まさに“日本のジョーカー”って感じでしたね。


さて、一方で不満点についてなんですが、私は「ガッチャマン全般の描写不足」が気になりました。

本作は、「ガッチャマンの話」「GALAX(累)の話」「ベルク・カッツェの話」と3つの話が混合されているわけですが、その中でもGALAXについての描写が特に多く、ガッチャマンについての描写は少なかった気がします。

例えば、ガッチャマンがGスーツに変身して戦うシーンで、彼らがカッコ良く勝利するところは、ほとんど見られません。
むしろ、丈がカッツェにやられるシーンだけが中盤にポツンとあるので、カッコ悪いイメージの方が残ってしまいました。

あとは、各キャラクターの描写も物足りないです。
どういうバックボーンを抱えて、どうしてガッチャマンをやっているのか?という部分や、キャラ同士の交流や衝突もあまり描かれないので、感情移入し難いんですよね。

そんな状態だから、終盤に5人のガッチャマンが集まる、本来なら燃える展開にも、何の感慨も感じませんでした。

あくまで描きたいのは「GALAX」と言うのなら、ガッチャマンを6人も入れる必要なかったと思うんですよ。
はじめと清音の2人だけでも成立する話なんだから、登場人物を削って中身の濃さを優先させても良かったのではないでしょうか。


感想は以上です。

監督のメッセージを読むに、おそらく本作では、新時代のSNSとヒーロー不在の世界を描きたかったのでしょう。

そういう意味で考えると、ガッチャマンがヒロイックに活躍しないのは、意図的な事なのかもしれませんね。
まぁ、それでも序盤や中盤くらいまではガッチャマンを活躍させておいた方が、終盤の無力感により落差が出来て良かったと思いますが…。


本作は、最後の最後に人々の悪意より善意が勝って物語が終わります。

「サイレントマジョリティー」という言葉がある様に、基本的に人間は善意の方が多いと思うんですよ。

問題はその沈黙を、どうやって積極的に自発的な方向に変えていくかという事で。

この作品は、そのヒントや未来像を提示してくれたんじゃないでしょうか。


上記した様にヒーローものとしての面白みに欠ける部分もありますが、中村健治監督らしいオリジナリティーとメッセージ性に溢れた良作でした。

第2期にも期待しています。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。