スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】秋の新作レビュー

秋の新作アニメレビューです。

境界の彼方

『中二病でも恋がしたい!』をシリアスにした感じの作品。
王道ファンタジーな内容で、京アニ制作のアニメにしては、少し保守的な印象を受けました。
とはいえ、作画は納得の京アニクオリティで、アクションシーンは見応えがあります。

京騒戯画

タイトルが表すように、騒がしいアクションアニメ。
画面内・外の情報量が非常に多く、世界観を掴むのにも一苦労。
全体的に突き放した作りで、もうちょっと分かりやすい“引き”が欲しいかなと。

凪のあすから

海の中を舞台にした、一風変わった青春恋愛アニメ。
科学的考証を無視した世界観は、戸惑う部分もあるが魅力的。
『あの花』を想起させる男女5人の恋愛模様も、その行方が気になります。

アウトブレイク・カンパニー

オタク少年が異世界で暮らす事になる、『はたらく魔王さま!』の逆バージョンなアニメ。
シチュエーション設定は面白いが、肝心のオタク要素が機能していないのが気になる。
主人公があまりオタクに見えないし、ストーリーに萌え文化があまり絡まないのも残念。

IS<インフィニット・ストラトス>2

第1期の終了から約2年ぶりの第2期。
5人のヒロインは相変わらずバラバラの個性で魅力的。
前作からブランクが気になっていたのですが、あまり続編然とした作りではないので安心しました。

COPPELION コッペリオン

荒廃した首都を舞台にした、サバイバルアクション。
キャラクターの線が太かったり、モノトーンな色彩など、独特なビジュアルは面白いですね。
ただ、核や放射能といった言葉が使えないのか、変に避けるので物語を理解する上で少し混乱しました。

ストライク・ザ・ブラッド

吸血鬼をモチーフにした、ファンタジーバトルアニメ。
類似作品との違いも特に感じず、あまり引っ掛かる部分はなかったかなと。
このジャンルが好きな方なら。

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

これまた『はたらく魔王さま!』を彷彿とさせる、ファンタジーコメディな作品。
『魔王さま』と比べると、主人公の立ち位置がよく分からないし、現実でも異世界でもない曖昧な世界観など、全体的に中途半端な作り。
魔王の娘が登場しても、普通の萌えキャラの様な扱いで、一体何をしたいのかが分かりませんでした。

キルラキル KILL la KILL

『グレンラガン』のスタッフが作ってるだけあって、非常に暑苦しいアクションアニメ。
熱量のある作画は認めるところなのですが、昭和然とした永井豪ちっくな世界観が個人的にはどうも苦手なんですよね…。
『グレンラガン』も合わなかったので、やはり好みの問題でしょうか。

リトルバスターズ!~Refrain~

第1期の終了から約半年ぶりの第2期。
続編を1年以上待たせる作品が多い中、再放送を挟みつつ、たった半年でカムバックしたのは評価したいところ。
前作で残した伏線が、どう回収されるのか楽しみです。

ゴールデンタイム

『とらドラ!』の原作者らしい、王道学園ラブコメアニメ。
ヒロインが片思い中という設定は珍しいな~と思いきや、『とらドラ!』がそうでしたね。(汗)
本作もJ.C.STAFF制作ですし、ラブコメ好きなら安心して楽しめる作品でしょう。

はじめの一歩 Rising

第2期の終了から約4年ぶりの第3期。
ブランク空けすぎな気はしますが、アニメ版『はじめの一歩』がまた見れるのは嬉しい限り。
鴨川会長の声が変更されていますが、それ以外は特に変わりなく、声も時間が解決してくれると思います。

ダイヤのA

週マガ原作の王道野球アニメ。
心配してた作画等のクオリティは、及第点といった感じ。
あとは、野球アニメは進行が遅いので、出来るだけ長く放送されるといいですね。

世界でいちばん強くなりたい!

本格女子プロレスアニメと思いきや、ただのセクハラエロアニメ。
苦痛を表現する気など更々ない喘ぎ声の連発や、意味不明な股間のアップショットなど、アニメを見ていて久々に不愉快な気持ちにさせられました。
女子プロレスへの愛や敬意がまったく感じられず、逆に、この作品を通して女子プロレスへの悪意や偏見が深まるのかと思うと、腹立たしい思いで一杯です。

夜桜四重奏 ハナノウタ

第1期の終了から約5年ぶりの第2期。
続編というよりはリブートに近い作りで、前作を知らなくても楽しめる作品になっていますね。
監督がりょーちも氏になり、前作よりもアクションシーンに見応えが増しました。

メガネブ!

「眼鏡をテーマにしたアニメ」というのが謎だらけだったのですが、第1話を見終わったも謎でした。(笑)
あまり物語性を求めずに、キャラクターの個性や眼鏡へのフェティシズムを楽しむのが正解かと。
また、監督の山本蒼美さんは独特のビジュアルセンスを持っているので、そこに注目してみるのも良いかもしれません。

ワルキューレロマンツェ

騎士をテーマにした、萌え系ファンタジーバトルアニメ。
馬に乗って戦うというアイディアはユニークだと思います。
ただ、物語がちょっとありきたりな印象を受けました。

ぎんぎつね

『夏目友人帳』系の、お化け(神様)×良い話な作品。
物語自体は良いのですが、いかんせルックスが地味すぎるかなと。
もうちょっとギャグ描写を入れるなり、可愛いキャラを入れるなりして、物語以外の求心力が欲しいところ。

ガンダムビルドファイターズ

ガンプラを題材にした、バトルアニメ。
子供向け作品ながら、ガンダム歴代シリーズの機体や台詞が登場するので、大人(親子)でも楽しめます。
まさかのランバ・ラル登場には笑いましたねw

機巧少女は傷つかない

主従関係もののファンタジーバトルアニメ。
よくあるラノベ原作っぽいアニメで、あまり惹かれる部分がありませんでした。
このジャンルが好きな方なら。

弱虫ペダル

オタクが主人公のロードレースアニメ。
電車賃を浮かす為に自転車を愛用する人が身近にいたので、妙にリアリティを感じる作品でした。(笑)
主人公には共感出来るし、ロードレーサーの世界観も興味深いですね。

のんのんびより

田舎を舞台にした、萌え系日常アニメ。
分校という中学生と小学生が同居する設定は面白いし、綺麗な自然描写には癒されます。
田舎の子ならば、もうちょっと髪の色は抑えめでも良かったかな。

黒子のバスケ 第2期

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
いつの間にか、ジャンプを代表する作品にまで上り詰めた本作。
いろんな見方がされてるようですが(笑)、気楽に楽しみたいな~と思います。

東京レイヴンズ

異能力バトルアニメ。
これまた、よくあるタイプの作品で、あまり差別化されてる部分は見受けられませんでした。
このジャンルが好きな方なら。

BLAZBLUE ALTER MEMORY

ファンタジーバトルアニメ。
原作ゲームに興味があったので注目していたのですが、思ってた以上に癖が強い世界観だなと。
全体的に敷居が高いというか、もっと新規層に優しい作りにしても良かったのでは?

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

タイトルの通りの学園ラブコメアニメ。
主人公に脳内選択肢が出るのが特徴なのだが、選択肢自体にあまり差異がないし、選択しなかった方を描かないので選択する面白さに欠ける。
選択肢が邪魔するというより、主人公自身が異常であるとしか思えませんでした。

蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―

戦艦の萌え化に挑戦した、新たな擬人化ミリタリーもの。
アニメで海戦をどう描くのかは、なかなか興味深い。
キャラクターが3DCGで描かれていますが、そんなに違和感は感じませんでした。

ガリレイドンナ

SFアクションアニメ。
リッチな作画で、メカの細かいギミックを見るだけでも面白い。
これから、どういう方向に物語が展開されていくのか楽しみですね。

サムライフラメンコ

所謂ビジランテ(自警団)を描いた作品。
アメリカの映画では度々モチーフになるが、日本のアニメで扱うのは珍しい。
今期のアニメでは1番異質な作品なので、期待したいです。





今期は計29本の新作アニメを視聴しました。(再放送系番組は除く)
ちなみに、去年の秋アニメが計22本だったので、かなり増えた本数と言えるでしょう。

今期のアニメの特徴としては、とにかくファンタジー系が多いな~と思いました。
年齢のせいか、もうファンタジーバトルみたいな作品は見るのがキツいんですよね。
しかも、自分の好きな現代劇やコメディ系の作品がまぁ少ない事…。

本数自体は増えましたけど、ハマりそうなアニメは少ないので、つらたんな秋アニメ事情になりそうです。



さてさて、それでは最後に視聴スケジュールの発表です。

月・「ガンダムビルドファイターズ」「弱虫ペダル」
火・「黒子のバスケ 第2期」「HUNTER×HUNTER」
水・「マクロスF(再)」「境界の彼方」
木・「NARUTO-ナルト-疾風伝」「蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―」「凪のあすから」「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」「IS<インフィニット・ストラトス>2」
金・「COPPELION コッペリオン」「キルラキル KILL la KILL」
土・「団地ともお」「宇宙兄弟」「リトルバスターズ!~Refrain~」「<物語>シリーズ セカンドシーズン」「ゴールデンタイム」「はじめの一歩 Rising」
日・「ダイヤのA」「夜桜四重奏 ハナノウタ」「メガネブ!」

計23本!
夏時期と比べると、+1本となりました。

久しぶりに全曜日にアニメが埋まりましたよ。(笑)
微増しましたが、軽く見ておく程度の作品もあるので、負担的にはそう変わらないかなと。
とりあえずは、こんな感じで進めていきます。

それでは、皆さんもより良いアニメライフをお過ごし下さい。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。