スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】ビビッドレッド・オペレーション 最終回

ビビッドレッド・オペレーションの最終回まとめ感想です。

◇総評
『ストライクウィッチーズ』の高村監督らしい、空飛ぶ美少女アクションアニメ。

本作の良かったところは、“友情”をベースにした泣ける物語ですね。
第1話のあかねがあおいを助けるシーン、第4話のひまわりの元にあかねが戻るシーン、第8話のあおいの背中を押すシーン…といった辺りは特に感動的でした。

また、ストーリーだけではなく、演出も良かったなと。
中でも第8話のあかねの武器が作動するところなんかは、アゲアゲで出色の出来栄えだったと思います。
この辺は流石、高村監督といったところでしょうか。


一方で不満点を挙げるとすれば、全体的にやや保守的な印象を受けました。

例えば、変身用のバンクシーンなんかは、一昔前の魔法少女風でどこかダサく感じちゃったんですよね。
折角、機械的に作られたシステムなのだから、もっとメカニカルなアプローチにしてみても面白かった気がします。

あと、全体的な物語も、王道というかベタというか、ありきたりというか…。
後半の展開なんかは正直読めちゃってましたからね。

分かりやすいって意味では別に悪くはないんですけど、もうちょっと冒険しても良かったかな~と思います。


感想は以上。

ストパンとの比較で言うと、CGを使ったアクションシーンには新たな可能性を感じました。
画面が立体的というか奥行きが生まれて、スカイアクションとの相性はすこぶる良いなと。
まだまだ寄りの画になると厳しい部分もありますが、これは技術の進歩によって解消されていく事でしょう。

物語面に関しては、ストパンは登場キャラが多い分、いろんなタイプの話を描けたと思うんですよ。
それに比べると、ビビッドの方はちょっと友情に拘泥し過ぎた感がありますね。
例えば、第9話なんかはかなり雑な作りだったし、友情に拘わるがあまり、作品の幅を狭めている様な気も…。

もし第2期があるのなら、友情以外の部分でも魅せられる作品を期待したいものです。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。