スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】冬の新作レビュー

冬の新作アニメレビューです。

まおゆう 魔王勇者

経済×ファンタジーアニメ。
主役の声優が小清水&福山のコンビだったり、物語に経済の要素が入ってきたりと、全体的に『狼と香辛料』を彷彿とさせる作品。
人種や宗教といった問題を省き、経済的な視点から戦争と平和を紐解くところが、なかなかに興味深い。
一方で、主人公とヒロインの恋愛描写は、やや雑に描かれている印象を受けました。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

ハーレム系学園ラブコメ。
物騒なタイトルとは裏腹に、パステルな色調で作られた映像もあってか、思ってたよりはライトな感覚で楽しめるアニメ。
主人公の中二病設定の使い方も上手いし、今後どう“修羅場”になっていくのか楽しみ。
それにしても、未だに深夜アニメの最前線で戦う、田村ゆかり嬢の逞しさったらないね。

みなみけ ただいま

第3期の終了から約4年ぶりの第4期。
制作環境は変わったものの、メインキャストに変更はなく、大きな変化は感じませんでした。
キャラデザなど、全体的なルックスは原作寄りで、よりリッチな映像になった印象。
ただ、監督が川口敬一郎になったせいか、会話のテンポが以前よりも速くなって、シリーズにあった独特の間が消えてしまったのは残念ですね。

AKB0048 next stage

第1期の終了から約半年ぶりの第2期。
前作からの複線や“総選挙”など、第1期でやり切れなかった事を回収するシリーズになるのでしょう。
しかし、危惧してた通りに、メインキャストに卒業生が出てしまったし(まだ卒業発表ですが)、未だに前田敦子を神格化するのにも違和感が…。
もっと他のメンバーの演技も見たいし、新キャラの登場にも期待したいところ。

ラブライブ! school idol project

学園アイドルアニメ。
「アイドルを学校の広告塔して扱う」という設定からして如何なものかと思うが、主人公の「軽いノリ」で始まる動機づけの部分も最悪。
「何故、アイドルは歌って踊るのか?」という事と、「何故、ファンはアイドルに惹かれるのか?」という事を、ちゃんと考え直した方が良いと思う。
歌やダンスも含めて、アイドルという概念の捉え方が古いし、『アイマス』の二番煎じで金儲けしようとする魂胆が見え見え。

八犬伝―東方八犬異聞―

イケメンバトルアニメ。
タイトルから古典的な作品を想像したものの、実際は美少年×ファンタジーな女性向けの作品。
和洋折衷な世界観は独特で面白いと思います。
ただ、中途半端に小難しい設定や重苦しい雰囲気があるので、見る人を選ぶかなと。

キューティクル探偵因幡

サスペンス×ギャグアニメ。
ハイテンポで展開されるギャグが特徴的な作品。
そのせいか、全てのキャラがギャグ要員になってしまい、主人公の存在感が薄れてしまっている印象を受けました。
個人的にはもうちょっと落ち着いても良いと思いますが、そこが本作の良さなのかもしれません。

THE UNLIMITED -兵部京介-

『絶対可憐チルドレン』のスピンオフ作品。
本編のアニメ終了から4年も経っているので、流石に忘れてしまった部分も多いのですが、これはこれで1つの新作アニメとして楽しめました。
本編とはまるで違う、深夜アニメらしい硬派な世界観や雰囲気があるので、本編を知らない人にも見てもらいたいです。
果たして、チルドレン達の登場はあるのでしょうか?

幕末義人伝 浪漫

アクションコメディアニメ。
キャラクターから世界観、作画やギャグのセンスに至るまで、全てが古臭く、まるで20年前のアニメを見ているかの様。
原作がパチンコという事で、まぁそういう作品なんでしょうね。
余程の好事家以外は、スルーして良いと思います。

AMNESIA(アムネシア)

イケメンミステリーアニメ。
乙女ゲーが原作ながら、ミステリーを題材にしているところが面白い。
女性向け作品ですが、男性でも楽しめる余地があると思います。
あまりファンタジーな方向に走らず、リアル路線に進んでくれれば…。

たまこまーけっと

日常ラブコメアニメ。
『けいおん!』のスタッフが手掛けてるだけあって、可愛らしい女子の描写は流石。
舞台が部室から商店街になったり、鳥というギャグ要員がいたりと、『けいおん!』で感じた閉塞感やギャグのレベルの低さを改善しようとする姿勢が見受けられる。
『けいおん!』が苦手だった人も、本作なら楽しめるのでは?

生徒会の一存 Lv.2

第1期の終了から約3年ぶりの第2期。
スタッフやキャストが一部変わり、第2期というより“リブート”するという話を聞いていたのですが、初回放送で本人達が第2期である事を認めていて、なんだかよく分からない事に…。
ただまぁ、作品自体は前作と変わらない印象ですね。
作画が少しリッチになって、声優も脇役が変わったくらいだったので、個人的には気になりませんでした。

GJ部(グッジョぶ)

日常ギャグアニメ。
部活内の出来事をゆったりと描くタイプの作品。
良くも悪くも、ありがちな作品ではありますが、丁寧に作られているので、それなりに面白いです。
しかし、こういうU局向けなアニメを、なんで日テレが放送するんだろ?

閃乱カグラ

美少女バトルアニメ。
お色気シーンや戦闘シーンには、それなりに拘りを感じる。
ただ、原作がゲームなせいか、世界観や設定の練り込みが不足気味。
忍者らしさも、あまり感じませんでした。

ささみさん@がんばらない

引きこもり×ラブコメアニメ。
「引きこもり少女」や「ブラコン」に「ツンデレ」と、1つ1つのパーツは珍しくないが、それらの組み合わせ方や見せ方が非常に秀逸で、新しいヒロイン像を提示している。
セカイ系っぽい展開にギャグを加えたり、お兄ちゃんを徹底的に記号化するなど、実験的な要素が多分に含まれていて刺激的。
話が少しずれるが、パンツには修正が入って、裸だと修正が入らないのには笑ったな。

僕は友達が少ないNEXT

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
個性的なキャラクター達は相変わらず面白い。
前作は意外と不満点も多かった作品なので、本作で改善される事を期待してます。
新キャラの登場も楽しみ。

ちはやふる2

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
新入生への対応でバラバラになった部員を、再び1つに戻す千早の強引さに早々と心を掴まれる。
ラブコメ要素の強化の為に加入したであろう、菫の恋愛弱者っぷりも良い。
ブレていないというか、人を熱くするのが相変わらず上手い作品である。

ビビッド・レッドオペレーション

美少女バトルアニメ。
『ストライクウィッチーズ』の監督が手掛けてるだけあって、美少女の描き方や滑らかなCGアクションは安定しています。
クライマックスに向けて、盛り上げていく展開や演出も、お見事。
あとは、『ストライクウィッチーズ』から、何をどう進化させていくか?という事でしょう。

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

ファンタジーバトルアニメ。
ネットゲームっぽい設定や雰囲気は、それなりに興味深い。
ただ、主人公の存在感が曖昧で、物語の求心力が少し弱かったかなと。
作画の安さや、野水伊織のキャスティングなどは、いつもの角川アニメという印象。

琴浦さん

学園ラブコメアニメ。
前半の鬱展開に心配しつつも、最後は笑えて安心する内容へ。
入り口が入り口なだけに、どういう展開を辿るのか楽しみ。
真鍋役の声優が「福島潤」で驚いたが、どうやら「福山潤」とは別人の模様。





今期は計20本の新作アニメを視聴しました。(再放送系番組は除く)
ちなみに、去年の冬アニメが計19本だったので、ほぼ例年通りの本数と言えるでしょう。

今期のアニメの特徴としては、続編が多いな~という印象を受けました。
20本中6本は続編と呼べる作品なので、安心して見れる分、刺激という意味では物足りなさも感じますね。

そういった中で、『たまこまーけっと』や『ビビッド・レッドオペレーション』など、原作付きアニメで結果を出した監督のオリジナルアニメがスタートした事は、注目すべきポイントでしょう。
オリジナルだからと言って奇をてらわずに、それぞれのストロングポイントを前面に押し出した作品で勝負してるのも興味深い部分。
原作の呪縛から解き放たれた事によって、どういった進化を見せてくれるのか…非常に楽しみです。



さてさて、それでは最後に視聴スケジュールの発表です。

月・「琴浦さん」「さくら荘のペットな彼女」「THE UNLIMITED -兵部京介-」
火・「AMNESIA(アムネシア)」「新世界より」
水・「たまこまーけっと」「生徒会の一存 Lv.2」
木・「しろくまカフェ」「銀魂」「NARUTO-ナルト-疾風伝」「PSYCHO-PASS サイコパス」「ロボティクス・ノーツ」「ささみさん@がんばらない」「僕は友達が少ないNEXT」
金・「ジョジョの奇妙な冒険」「まおゆう 魔王勇者」「ちはやふる2」「ビビッド・レッドオペレーション」
土・「FAIRY TAIL」「リトルバスターズ!」「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「みなみけ ただいま」「AKB0048 next stage」
日・「宇宙兄弟」「HUNTER×HUNTER」

計25本!
秋時期と比べると、+1本となりました。

あらら…もっと減ると思ったら、まさかの増加。(汗)
TBS枠が結構復活したので、その辺の影響でしょうね。

それでは、皆さんもより良いアニメライフをお過ごし下さい。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。