スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】コード:ブレイカー 最終回

コード:ブレイカーの最終回まとめ感想です。

◇総評
マガジンで原作を読んでる身としては、非常に不安の大きかった本作。
…と言うのも、この原作をアニメ化するには質量共に高いものが要求されると思ったからです。

そういった観点から言うと、今回のアニメ化は「悪くなかった」かなと。
アニメーションの質も予想よりは高かったし、声優のキャスティングもイメージ通りの配役で良かったですね。


ただ、あくまで「悪くなかった」というだけであって、決して「良かった」という程ではなかったのも事実でしょう。

例えば、作画の質に関しても、「崩壊しなかっただけマシ」というレベルで、ところどころにチープさを感じてしまいました。
八王子がバイクを走らせるシーンを真横から描写してみたり、爆弾テロが起こったにも関わらず、まったく緊張感やパニック感を感じさせない演出だったりと、見ていて“萎えて”しまうシーンがあったのは残念でしたね。

シリアスな話が展開されるだけに、もうちょっと映像面でリアリティの補強をして欲しかったです。


あと、原作の魅力として「善悪を問う硬派な物語」というのは勿論あるのですが、そういう堅苦しい話ばかりではなく、ギャグ描写なんかも結構頻繁に入ってくるんですよ。
そういった、シリアスな部分とコメディな部分が両立しているからこそ、重たい話があっても軽く読み進められるわけで、そこが原作の良い所だと私は思うんです。

ところが、本作に関しては、ギャグ描写まではフォロー出来なかったかな~という印象で、全体的に重苦しいイメージのまま終わってしまったのが、ファンとしてちょっと心残りでした。

ギャグだけではなく、コードブレイカー1人1人の掘り下げも不十分だったと思いますし、1クールという期間はあまりにも短過ぎたのではないでしょうか。


個人的な要望としては、テレ東の夕方で1年くらいかけて放送してくれるのがベストだったんですけどね。(笑)

というわけで、今回は私自身が原作ファンだった為に、「物足りなさを感じつつも妥協出来るレベル」という感じなんですが、初見の人には果たしてどう映ったのでしょうか?

もしも、本作を見て、少しでも原作に興味を持った方がいたら、是非読んで欲しいです。
少なくとも量的にはアニメより充実してるので、楽しめると思いますよ。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。