スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】貧乏神が! 最終回

貧乏神が!の最終回まとめ感想です。

◇総評
ドタバタコメディに、ちょっと良い話を織り交ぜた、ジャンプ原作(正しくはジャンプSQ)らしいギャグアニメ。
サンライズ制作という事もあって、『銀魂』に似た印象を持った人もいたかもしれませんね。


本作の魅力的な部分と言えば、まずは“動き回るギャグアニメ”という部分を挙げたいです。

最近のギャグアニメは会話劇や日常劇だったりと、画面が平然とした感じで進行するものが多いですが、本作はとにかく画面がよく動く。
キャラクター1人がぬめぬめと動くというより、画面にいるキャラや物体などが同時に沢山動くという感じで、画面全体が非常に賑やかで騒がしいんですよ。

画面から伝わる情報量が豊富で、まさに“ドタバタコメディ”という名に相応しい作品でした。
変に小細工をせずに、アニメーションできちんと笑わしてくれるところが、アニメの原点に立ち返った気にさせてくれて、そういう意味でも好感が持てますね。


あと、もう1つ言及しておきたいのが、パロディギャグの数々。

パロディネタ自体は、本作に限らず、いろんな作品で行われていますが、本作で特徴的だったのは、歴代ジャンプ作品をかなり大胆にネタにしてきた事です。
例えば、ドラゴンボールをこんなに頻繁にネタにするアニメは見た事がないし、デスノートの完コピしたアニメもないと思うんですよね。

この様に、有名作品のパロディをかなり踏み込んでやっているのが、個人的にはとても新鮮でした。
これは原作がジャンプ系列でなければ出来なかった事だと思いますし、このアニメならではの武器と言っていいでしょう。


一方で、不満点についてですが、あまり大きな穴はなかったかなと思います。

それでも、敢えて言うなら、市子の能力に関して、やや気になる部分がありました。

「絶対的な幸運を持った人間」という設定ならば、金銭的な裕福さだけではなくて、人間関係も含めた全てが充実してても良いはず。
にも拘らず、本作の市子は、「人間関係には恵まれない」という設定なんですよね。

そこがちょっと矛盾を感じる点でもありますし、「お金よりも友情」という、ありきたりなメッセージに行き着くのがちょっと残念な部分ではありました。

私の考えた案になりますが、「市子をやる事全てが成功してしまう人間にして、それが自分の能力ではなく“運の力”で成功している事に気付き、自分の価値に疑問を抱く…」と言った物語にしても面白かったかな~と思います。
まぁ、これだと哲学的な方向に行き過ぎて、ちょっと笑えないかもしれませんが…。(笑)


さてさて、感想は以上です。

不満点も少なく、面白い作品でした。

あまり見る人を選ばないというか、アニメ好きな方なら概ね満足してくれる作品になっていると思います。

この調子で第2期も期待したいですね。

撫子も結局、最後まで不遇なまま終わってしまいましたし、原作のストックもあるみたいなので、是非とも第2期の制作を宜しくお願いします。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。