スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】薄桜鬼 黎明録 最終回

薄桜鬼 黎明録の最終回まとめ感想です。

◇総評
『薄桜鬼』の本編と言うべきストーリーは、前作で完結した為、今回の『黎明録』は、その前日譚が描かれています。

正直、こういう立ち位置の作品は、作品人気の惰性で作られるものが多いですし、あまり期待はしていませんでした。

ところが、実際に見てみると、「流石、『薄桜鬼』だな」と思わされましたね。
前日譚と言えど、しっかりと物語が作り込まれてありますし、この作品から見始めても十分に楽しめる敷居の低さも素晴らしいなと。

しかし、「本作が過去シリーズを超えていたか?」と問われると、そこは少し落ちるかなと思います。

『薄桜鬼』という作品は、新撰組の話だけではなく、鬼というヴァンパイアの存在や、女性主人公とのロマンスなど、多様な世界観が織り交ざっており、それが求心力のある物語へと繋がっていきました。

それに比べると本作は、土方と芹沢の対立と、井吹の成長物語という、2つの話がメインになってくるので、やや物足りなさを感じてしまいましたね。


個々の話をさせてもらうと、芹沢に関しては良かったと思います。

前作では、圧倒的に強い人間だった土方が、芹沢の前では言葉を返せなかったり、苦汁を飲まされたりと、“弱い部分”を見せるのがなかなか新鮮でした。
そして、最初は敵役だった芹沢が、後半からは土方の超えるべき壁へと変わっていき、芹沢を殺す事により、あの強い土方が生まれる…という展開も、王道な成長物語で見事と言っていいでしょう。

一方で、井吹なんですが、この人はちょっと立ち位置が、最初から最後まで分からなかったですね。

一体何をしたいキャラクターなのか、まるで分からないので、感情を乗せるのが難しかったなと。
勿論、「新撰組や芹沢を通して、生きる事の意味を知る」っていうのは分かるんですが、少し抽象的過ぎた気がします。
例えば、芸者の女の子に恋をしたんだから、その子と結ばれるのをゴールとして、描いてみても良かったかもしれません。


最後に、もう1つだけ不満点を挙げるなら、もっとメインキャラ達の活躍を見たかったな~という事です。

今回は過去が舞台になるので、各キャラの過去が見れるのかと思いきや、実際は沖田と土方くらいでしたからね。
別に過去話ではなくても良いので、各キャラの当番回くらいはあっても良かったかなと思います。

更に言うと、キャラ同士の絡みももっと見たかったところ。

何故にやらないのか不思議なんですが、どうして、みんなでお風呂に入るシーンをやらないんでしょうかね?(笑)
萌えアニメなら、定番のサービスシーンとして入るのに、女性向けアニメに入らないのが、ちょっと納得いかないです。
特に今回は女性キャラがいないのですし、余計にそういった腐女子ファン向けのサービスをやっても良かったのではないでしょうか。


さてさて、感想は以上です。

本編も終わり、前日譚も終わり、これで『薄桜鬼』シリーズも終演となるんでしょうかね?

もう新撰組に会えないのか~と思うと寂しい部分もありますが、これ以上掘り下げるのは難しいと思いますし、新規タイトルに注力した方が健康的なのかもしれません。

とはいえ、『薄桜鬼』という作品が乙女ゲーの金字塔である事は違いありませんし、この普遍性のある物語は時代を超えて愛されていく可能性もあるでしょう。

乙女ゲーのスタンダートとして、次の世代にも受け継がれる…そんな作品になる事を祈っています。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。