スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】夏の新作レビュー

夏の新作アニメレビューです。

輪廻のラグランジェ season2

第1期の終了から約3ヶ月ぶりの第2期。
前作が個人的には残念な内容だったので、第2期での巻き返しに期待したいところ。
冒頭から進路の話が出るなど、主人公の成長をテーマにするのは良いと思う。
ただ、SF的な話は頭に入っていない(忘れてしまった)部分もあるので、あまり小難しい方向に行かれると厳しいかも…。

TARI TARI

青春合唱アニメ。
軽音部ではなく、少しずらして“合唱部”に着目したのが新しい。
個性的なメンバーが集まる様子や、教頭のヒールぶりは、海外ドラマの『glee』を彷彿とさせる。
あとは、合唱シーンにどれだけの説得力を持たせられるかが勝負。

アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-

女性向けバトルアニメ。
良くも悪くも、乙女ゲー原作らしい作品。
テンプレ的に定番キャラクターが揃ってるし、女性が好きそうな設定や小道具も出てくる。
J.C.STAFFが制作しているわりには、やや作画の質に物足りなさを感じました。

人類は衰退しました

シュールなギャグアニメ。
世界観が捻くれてる上に、主人公の目線もシニカルなので、作品全体が曖昧で危うさを含んでいる。
まるで悪夢を見ているかの様な、バッドトリップ感すらあり、見る人を選ぶ作品かなと。
ただ、設定こそ難解なものの、やってる笑い自体はベタなので、あまり深く考えずに楽しむのも良いかもしれません。

トータル・イクリプス

美少女ロボットアニメ。
本格的なSF物語や設定には、惹かれるものがある。
しかし、チープで説得力に欠ける作画が、全てを台無しにしている印象。
一昔前の演出や、戦闘服のダサさも気になった。

超訳百人一首 うた恋い。

現代語版百人一首。
口語を現代風にして、敷居を下げてはいるが、古典に弱い人間には、そもそも誰が誰なのかもよく分からない。
いっそ舞台やキャラクター設定すら、現代に移してしまうくらいの冒険があっても良かったかなと。
そもそも、庶民とは程遠い身分の人達の恋愛など、興味ないのだが…。

ゆるゆり♪♪

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
前作に比べ、会話劇を強化しているのかな~という印象。
その代わりに、百合描写が控えめになった様な気も。
新キャラなど、新要素の登場にも期待したい。

うぽって!!

ミリタリー系萌えラブコメ。
戦闘機に続き、今度は“銃”を萌え化したのが本作。
各銃の性能をキャラクターや物語にきちんと落とし込んであり、1つ1つのネタがマニアックで面白い。
ただ、練習用の弾ではなく、実弾で打ち合うのは、いくらギャグアニメとはいえ、違和感を感じる部分も。

貧乏神が!

美少女コメディアニメ。
『銀魂』の藤田陽一監督&サンライズ制作という事で、流石にコメディとして水準が高い。
会話の掛け合いだけでなく、作画も非常に情報量が多い作りで、映像でもガッツりと楽しませようという心意気を感じさせる。
1クールで終了するらしいが、出来れば長く見ていたい作品。

sola

美少女恋愛アニメ。
5年前の作品が、ブルーレイ化を記念して再放送。
思ってた以上に綺麗な映像で、クオリティ的には昨今のアニメと大差ない印象。
ただ、キャラクターの目の大きさなんかは、今のトレンドと比べると歴史を感じさせる。

もやしもん リターンズ

第1期の終了から約5年ぶりの第2期。
前作から大分ブランクが空いたものの、あまり物語性の強い作品ではないので、とりあえずキャラクターさえ覚えていれば大丈夫かなと。
菌をモチーフにした話は、相変わらず知らない事ばかりで、どれも新鮮で面白い。
しかし、この作品が8年以上も続く長期連載になるとは思いませんでした。

夏雪ランデブー

三角関係恋愛アニメ。
設定を聞くと、映画『ゴースト』を彷彿とさせるが、それからサスペンス要素を引いて、恋愛要素を強化した様な作品。
捻くれていそうで、実は純情な主人公のキャラクターが興味深い。
意外な角度から出現する幽霊も、斬新な構図の画になってて笑える。

恋と選挙とチョコレート

美少女ラブコメサスペンス。
一見すると、萌え系日常アニメの様だが、そこに“選挙”という設定を加えてきたのがポイント。
このサスペンス要素が今後どう物語に絡んでくるのか楽しみ。
いかにもラノベ原作っぽいタイトルだが、実はエロゲー原作というのには驚いた。

この中に1人、妹がいる!

萌えラブコメアニメ。
良くも悪くも、タイトルそのまんまな作品。
この手のアニメによくある設定や物語で、非常にスタンダードな作り。
しかし、これだけ妹系アニメが量産されている現在、妹が相手という事に今更問題意識を持つ人間などいるのだろうか?

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~

ファンタジーアクションアニメ。
神々との戦いをモチーフにした、王道ファンタジーな作品。
非常に純度が高い分、このジャンルに興味のない人間にはやや辛い。
個人的には、もう少し遊びがあっても良いかなと。

じょしらく

美少女コメディアニメ。
落語アニメと思いきや、実際は日常会話劇が中心となる作品。
会話のやり取りは確かに面白いが、会話するだけなら、落語という設定の意味がない気も…。
原作が久米田康治という事もあってか、突然ブラックなネタが出てくるのも如何なものかと思います。

探検ドリランド

子供向けファンタジーアニメ。
内容自体は、土曜や日曜の朝にやっていそうな作品。
それを深夜に放送するというのが、アンビバレントでよく分からない。
単純に、朝の枠が取れなかったのか?それとも、お金を持っている大人に見てもらいたいからなのか?

DOG DAYS'

第1期の終了から約1年ぶりの第2期。
相変わらず、よく動くキャラクターを見るのは楽しい。
前作では、あまり活躍しなかったキャラの活躍が見れるのも嬉しいところ。
あとは、あまりシリアスになり過ぎずに、リラックスしたまま見れる作品になれば良いかなと。

ソードアート・オンライン

ファンタジーアクションアニメ。
MMORPGをモチーフにするだけあって、その作り込みのディティールには、MMORPG体験者なら共感してしまう部分アリ。
オフライン要素を削り、サバイバルゲーム化するのは良いのだが、それだと1週して普通のファンタジーアニメになってしまっている様な気も…。
原作者が『アクセルワールド』と同じ人物というのには、納得してしまいました。

ココロコネクト

日常青春アニメ。
よくある学園日常アニメに、少しのファンタジー要素とシリアスな描写が加えたのが本作。
わりと平和でまったりとした世界観から、どう変化していくのか注目したいところ。
背景が抽象的なせいか、画が安っぽく見えるのが、少し勿体ない。

織田信奈の野望

美少女戦国アニメ。
戦国武将を萌え化するというアイディアは、既に『戦国コレクション』でもやっていて食傷気味。
同類作品の中でも、映像クオリティやストーリー性は高い方に入りそうだが…。
やはり、この美少女達が戦争をする様には思えず、キャラクターを萌え化するのなら、世界観もそれに合わせて調整すべきでは?

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)

ファンタジーバトルアニメ。
「冒険から元の世界に帰還した勇者」という設定は面白い。
ただ、タイトルから想像したよりも、主人公のキャラクターが普通で肩透かしを食らう部分も。
全体的に地味で、もう少し華が欲しい。

薄桜鬼 黎明録

第2期の終了から約1年半ぶりの第3期。
続編というよりは、エピソード0的な内容。
結末は分かっていても、また彼らに会えるのが単純に嬉しい。
また、今回は女性主人公がいない為、前作以上にBL感が増している印象。

だから僕は、Hができない。

ファンタジーバトルアニメ。
タイトルはエロラブコメの様だが、実際は主従関係をベースにしたバトルもの。
スケベという設定のわりには、あまりキャラが立っていない主人公。
それ故に、「エロスを奪われる」という本作の設定もあまり見えてきませんでした。





今期は計23本の新作アニメを視聴しました。(再放送系番組は除く)
ちなみに、去年の夏アニメが計22本だったので、例年通りの本数と言えるでしょう。

今期のアニメの特徴としては、ファンタジー系が多いな~と感じました。
個人的にファンタジー系は苦手なので、観るのも感想を書くのも苦戦しましたね。(汗)
どこかに革新的な要素があれば、まだ良いのですが、王道というかベタな作品ばかりだったので、それも余計に苦しかったです。

まぁ、これはファンタジーだけの問題ではなくて、やはり何か“新しさ”を感じるアニメでないと、観るモチベーションが沸かないんですよ。
昔だったら「頑張って観よう」みたいな事も思ったんですが、今はもう大体どういう作品になるのか予想も着きますからね。

勿論、王道には王道の良さもあるのでしょう。
しかし、日本のアニメや漫画がここまで発展したのは、常に革新性を求め、新しいジャンルを開拓してきたからだと思うんです。
だからこそ、私も飽きずに付き合い続けてこれたのかな~と。
やはり、私が今のアニメに求める部分はそこですね。



さてさて、それでは最後に視聴スケジュールの発表です。

月・「氷菓」「ゆるゆり♪♪」
火・「黒子のバスケ」「薄桜鬼 黎明録」
水・「うぽって!!」「貧乏神が!」
木・「しろくまカフェ」「NARUTO-ナルト-疾風伝」「もやしもん リターンズ」「夏雪ランデブー」「恋と選挙とチョコレート」
金・「アクセル・ワールド」「エウレカセブンAO」「じょしらく」
土・「エリアの騎士」「FAIRY TAIL」「DOG DAYS'」「ソードアート・オンライン」「ココロコネクト」
日・「宇宙兄弟」「HUNTER×HUNTER」「輪廻のラグランジェ season2」「TARI TARI」「人類は衰退しました」

計24本!
春時期と比べると、-3本となりました。

新作以外の物も何本か切ったし、新作もテレ東系は大分切ったので、もっと減るかと思ったのですが、意外と粘りましたね。
U局系の頑張りが効いているのかな。
あまり極端に減らすと、生活のリズムが崩れそうで不安だったんですけど、これならいつも通りに過ごせそうです。

それでは、皆さんもより良いアニメライフをお過ごし下さい。

コメント

Secret

プロフィール

隙間風

Author:隙間風
AKBも好きですが、SKEの方が好きです。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログ
RSSフィード
ブログ内検索
ミニブログ
【隙間風@PIYO】
メール
当ブログへのご意見・ご感想、管理人への連絡はコチラ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。